鮮やかで、華やかな、楽しい、その絵は、一目で好きになりましたー旅の足跡。





      ・・・ranking・・・




ラウル・デュフィは、フランス北西部の港町ル・アーヴルに、
音楽好きな大家族の次男として生まれました。
色鮮やかな絵は、観るものの心を一瞬にしてとらえてはなしません。
輝くような色面と、揺れるような輪郭線が軽妙に混在した作風は、
写真のようなヨットレースなどの動くモチーフに適し、躍動感のある作品が特に素敵です。
というのは、デュフィの展覧会などでの紹介文です。
ずいぶん前、初めて観たデュフィの絵は、たしかピンク色を中心に描かれたものでした。
鮮やかで、華やかな、楽しい、その絵は、一目で好きになりました。
そのときから僕は、デュフィという画家は、つい最近まで女性であると思い、信じていました。
ご存知の通り、デュフィは男性でした。かなり、ダンディな男性です。
デュフィは、絵を描くことを楽しんでいます。そして、生きるということを楽しんでいます。

美術館『えき』KYOTO ラウル・デュフィ展にて

d0111714_1032646.jpg



www.cooplanning.com



現在、兵庫県内にて着工の上、工事進行中の個人住宅をCoo Planningにて設計・監理させていただいています。
このブログ上で、ご紹介できれば、みなさまの家づくりの参考に、ご覧いただけるところですが、
今回は建て主さまのご都合により、ブログでの写真などのUPを遠慮させていただいております。
工事進捗などの報告は、していこうかと思っていますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-07 10:06 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

Coo Planning 施工事例と進行中の仕事の紹介をしています。


by akiyoshi-n