素材を生かされた空間は、どの世界においても素晴らしいものだと思います





      ・・・ranking・・・




奈良で生まれ育ったこともあり、古建築に触れる機会は、たぶん多いのだと思います。
なので、たまに出掛ける京都や他で見る木造建築に対して、
さほど大きさに圧倒されることもありません。
ヨーロッパで、石造りの巨大な大聖堂などに入れば、光の差し込むあたりをただ見上げながら、
自然と奈良の木造空間を思い浮かべていたりします。
興福寺や新薬師寺など、仏像が並べられた薄暗い空間も好きで、シンとしたなか、
座り込んで、ただ眺めていたりします。でも、仏像の名前は知りません。
巨大な木造建築に対して、ごく普通に接していることもあり、
大きな柱であったり、大きな瓦屋根であったり、黒ずんだ木の外壁であったり、などは、
そこにずっとあるものとして、日常生活の中で、自然と受け入れてきているのだと思います。
大きな柱には、決まって亀裂が入っていたり、虫に食われたような小さな穴があいていたり、
そんな柱は、たくさんの人に触られて、ツルツルに光っています。
よくもこれで、建ち続けているものだと、たまに感心し、ポンポンと柱をたたいたりします。
力強く建っているその姿に、ただならぬ迫力を感じ、歴史の重みを感じます。

そんなところで育ったこともあり、いつしか、
力強さのなかに、精神性のある建築空間を好むようになっていました。
素材は、木造、コンクリート、鉄骨造と、こだわりはありません。
素材を生かされた空間は、どの世界においても素晴らしいものだと思います。


www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
注文住宅 大阪(施工例)
d0111714_19255457.jpg

それぞれの素材のもつ特徴を、最大限に生かす住空間を、つくりたいと考えています。

やさしい肌触り、木の香りの立ちこめる、柱と梁による力強さとしなやかさを、合わせ持つ、『木造空間』。
シンプルで力強く、ピンと張りつめた空気のなか、身体に語りかける、『コンクリートの空間』。
軽やかな心躍る空間、現代感覚あふれる、創造的な、『鉄骨空間』。


私たちは、建築という『空間の力』を信じています。

それは、『教会』でも、『美術館』でも、『図書館』でも、『コンサートホール』でも、『住宅』でも、同じことです。


研ぎすまされた建築空間に宿る、さまざまな感覚を、その魅力を、もっと多くの人たちに伝えたい。
私たちの仕事は、そんな気持ちに支えられています。







d0111714_11402273.jpg









『Coo Planning と建てる、注文住宅』
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-01-01 19:32 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

Coo Planningとつくる "住まいのかたち" と "旅の足跡"


by akiyoshi-n
プロフィールを見る