『住宅版エコポイント制度』について。







               ・・・ranking・・・ 





平成22年1月7日に、『住宅版エコポイント制度』についての国土交通省の講習会が開かれました。
平成21年12月8日に、「明日の安心と成長のための緊急経済対策」が閣議決定され、
『住宅版エコポイント制度の創設』が盛り込まれました。
平成21年度第2次補正予算の成立を条件にしているため、詳細についてはまだ未定ですが、
概略の説明がされました。
『エコリフォーム又はエコ住宅の新築』をされた方は、様々な商品・サービスと交換可能な、
エコポイントを取得できることになります。
家電において、活用されている方も多いと思いますが、その流れで住宅の新築・リフォームにおいても、
エコポイントが発行されます。

気になる対象となる新築住宅(エコ住宅)は、
1、省エネ法に基づく『トップランナー基準』相当の住宅
2、省エネ基準を満たす木造住宅
となっています。
基準に適合することについて、登録住宅性能評価機関等の第三者機関による証明を受ける必要があります。こちらの方は、確認申請と合わせて設計事務所で用意できるのかと思います。

エコポイントがどれほどになるかは、まだ正式決定されていないようですが、
上限でおおよそ、30万エコポイントあたりになる予定です。

新築住宅におけるエコポイントの『発行対象となる期間』は、
平成21年12月8日〜平成22年12月31日に建築着工したものです。




住宅版エコポイント制度の概要について:国土交通省
  ・エコリフォーム
   a)窓の断熱改修(内窓にサッシをつけて二重サッシにする、窓ガラスを複層ガラスに取り替えるなど)
   b)外壁、天井又は床の断熱材の施工
  ・エコ住宅の新築
   a)省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
   b)省エネ基準(平成11年基準(省エネルギー対策等級4))を満たす木造住宅



d0111714_1544365.jpg

www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
『Coo Planning と建てる、注文住宅』







d0111714_11402273.jpg









注文住宅 大阪(施工例)
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-01-09 14:47 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

Coo Planning 施工事例と進行中の仕事の紹介をしています。


by akiyoshi-n