Coo Planning でできる限りのことを、全力をつくして表現します。






               ・・・ranking・・・ 




前回、敷地を見せていただいてから2週間が経ちました。大阪市内の小さな敷地です。
この2週間で、敷地にどのような家が建てられるのかを、とにかく考え続けました。
いきなり、たったひとつの答えを探し当てるのではなく、
考えられるアイデアを、すべてスケッチしていくことから始まります。
この敷地で、どんなことができるのかを。Coo Planning で何ができるのかを。

当然、効率は非常に悪く、ひとつでも多くの案件をこなしたい、
利益を上げたい、と考える会社では、とても採用できない方法です。

ひとつ一つの建築に対して、より深く関わりたい、建て主とより深く話し合いたい、
そう思ったことが、個人で設計事務所をやろうとした、理由のひとつでした。
独立して、今まで何の面識もなかったご家族から、
ご相談をいただくことの難しさを感じるとともに、それ以上の出会えるうれしさを感じています。
だからこそ、何かのきっかけで知り合えたご家族には、効率や利益を越えた、
Coo Planning でできる限りのことを、全力をつくして表現します。



www.cooplanning.com 京町堀アトリエ




d0111714_11402273.jpg

[PR]
by akiyoshi-n | 2010-02-20 22:21 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

Coo Planningとつくる "住まいのかたち" と "旅の足跡"


by akiyoshi-n
プロフィールを見る