建てる前に確認しておきたい。

 






     ・・・ranking・・・



長期優良住宅 ー 長持ちすると税金がおトク
建物の耐久性や維持管理のしやすさなどが一定の基準を満たすと
長期優良住宅の認定が受けられ、購入時の登録免許税などが軽減され、
住宅ローン控除の控除額が上乗せされます。
フラット35Sの金利引き下げ期間が20年に延びたり、フラット50を
利用できる特典もあります。

長期優良住宅に認定されるための主な条件
・劣化対策 少なくとも100年程度は構造躯体が使用できること
・耐震性  建築基準法レベルの1.25倍の地震力でも倒壊しないことなど
・維持管理、更新の容易性 内装、設備の維持管理が容易であること
・可変性  将来の間取り変更に必要な躯体天井高を確保すること
・バリアフリー性 共用廊下などに改修に必要なスペースが確保されていること
・省エネルギー性 次世代省エネルギー基準に適合すること
・住戸面積 一戸建ての場合 床面積75㎡以上
・維持保全計画 少なくとも10年ごとに点検を実施することなど



Coo Planning 家づくりのトータルサポート
[PR]
by akiyoshi-n | 2011-03-16 17:18 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

Coo Planningとつくる "住まいのかたち" と "旅の足跡"


by akiyoshi-n
プロフィールを見る