Praha シンボル

旧市街広場に面して建てられた旧市庁舎。
その旧市庁舎に、1490年頃、プラハのシンボルである天文時計が造られました。
d0111714_935392.jpg
d0111714_941964.jpg
上下に二つの時計盤が並ぶ天文時計は、当時の天動説を反映しています。
上の時計はプラネタリウムと呼ばれ、地球を中心にまわる天体の動きを示します。
(年月日と時間を示し、文字盤の青色は昼の時間帯を表します。)
カレンダリウム(暦板)と呼ばれる下の時計には、黄道十二宮の獣と四季の農作業の様子が描かれています。(一日一目盛りずつ進みます。)
16世紀には、毎正時に十二使徒像が登場する仕掛け時計が完成します。

天文時計の前には、たくさんの人たちが集まり仕掛け時計が動き出すときを待っています。

d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。




ル・コルビュジエ  1931年 サヴォワ邸
d0111714_9484757.jpg

[PR]
Commented by yuki-amori at 2007-07-20 12:47
この時計素敵ですね。
500年以上も時を刻んでいろんな歴史を眺めているんですね。
すごいなぁ~
仕掛けや装飾をこの目でみてみたいです!
Commented by 210dk at 2007-07-20 14:55
とても500年前に造られた時計とは思えないくらい素敵です。
どのような仕掛けがでてくるのか実物を見てみたいです!

先日、からくり記念館という所で日本の江戸時代のからくり時計を
見てきました。それだけでも感動でした^^;

応援ポチ♪
Commented by r2b at 2007-07-20 22:28
側でじっくり写真を撮りたくなるような時計ですね。
待っている人達の気持ちがよくわかります。
Commented by えいはち at 2007-07-21 08:18 x
毎正時の仕掛けは必見ですね。上の二つの窓が開いて十二使徒が順番に顔を出します。
この塔の中に登ると、時計の裏側で十二使徒が控えているのを見ることができます。
時計の部分だけで仕掛けなどはありませんが、西新宿の新宿アイランドタワーの前にはレプリカがあります。
Commented by yuyuyu0120 at 2007-07-21 09:02
これは、素敵だとしか言いようがないですね。
どうしても目が行ってしまいます・・・
Commented by akiyoshi-n at 2007-07-23 07:02
yuki-amoriさん、おはようございます。
この仕掛け時計を楽しみにプラハに来ました。
時間がくると、死神が鳴らす鐘とともに小窓が開き、十字架や聖書などを手にした十二使徒の人形が一巡して、最後にニワトリがひと鳴きして窓が閉まる。あっという間ですが、いいものですね。
Commented by akiyoshi-n at 2007-07-23 07:06
210dkさん、応援ありがとうございます。
日本のからくり時計もよく出来ていますね。
じっくり見てみたいものです。
Commented by akiyoshi-n at 2007-07-23 07:14
r2bさん、おはようございます。
何度も見たくなりますよ。
Commented by akiyoshi-n at 2007-07-23 07:19
えいはちさん、コメントありがとうございます。
中からもみれるんですか。
それも楽しそうですね。
Commented by akiyoshi-n at 2007-07-23 07:24
yuyuyuさん、コメントありがとうございます。
素敵ですよ。
時計職人ミクラーシュ・カダニュという方が造られたそうです。
by akiyoshi-n | 2007-07-20 09:29 | 旅-Czech-Praha | Comments(10)

Coo Planningとつくる "住まいのかたち" と "旅の足跡"


by akiyoshi-n
プロフィールを見る