Praha 彫刻をおくということ  

d0111714_981621.jpg


彫刻をおくということ。
西洋の彫刻の原点は、有名なミロのヴィーナスを代表とするギリシャ彫刻にある。
それは、ギリシャが繁栄したわずか50年間につくりあげた芸術であった。
それが、ローマへ受け継がれ、さらにヨーロッパの彫刻の基礎がつくられている。
彫刻は、イタリアの都市のなかで大きな意味をもっていた。
広場とは、ギリシャでは彫刻で囲まれた空間のことをいう。
彫刻で囲まれない空間は広場ではなかった。
やがて、広場は建物で囲まれるようになり、彫刻は、建物の屋根や壁面に飾られていく。
しかし、あくまでも彫刻は建物に付随しているのではなく、彫刻をみるために建物の上にのせられたのである。
(著作:プラハ建築の森)
d0111714_9221859.jpg

www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
『Coo Planning と建てる、注文住宅』







d0111714_11402273.jpg









注文住宅 大阪(施工例)
[PR]
by akiyoshi-n | 2007-07-28 09:27 | 旅-Czech-Praha | Comments(0)

Coo Planningとつくる "住まいのかたち" と "旅の足跡"


by akiyoshi-n
プロフィールを見る