Berlin ポツダム広場 

ポツダム広場
正面にみえるのは、ベルリンの壁。
d0111714_7154069.jpg

ポツダム広場再開発プロジェクト。
ベルリンの壁を部分的に残す以外、新しい建物が建ち並ぶポツダム広場の周辺。

ベルリンが隆盛を極めた黄金の1920年代、その中心地であったポツダム広場はヨーロッパ大陸で最も交通量の多い交差点として知られていました(ここに据えられていたヨーロッパ初の信号機が現存しています)。しかし第二次大戦では他の地区と同様 徹底的に破壊され、さらに戦後はここにベルリンの壁が建設されたため、建築群は再建されることもなく荒廃したまま放置されてきました。
壁の崩壊後は、統一ドイツの象徴としてダイムラーとソニーの資本を導入しての再開発が始まりました。
(建築マップより)

すべてのプロジェクトは開始当初から批判の対象であり、現在もなおこの地域が商業化され再開発される過程をすべての人が賞賛しているわけではないようです。しかしながら、1日に7万人がポツダム広場を訪れ、批判者もその成功には驚きます。ポツダム広場はほぼ終日人であふれています。旅行者にとっては必ず行くべき場所になっているし、ベルリン市民にとっても最高のショッピングエリアです。また、3つの映画館と1つの映画学校、1つの映画博物館の40ヶ所のスクリーンがあり映画ファンにとってもはずせない場所となっています。
d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。
[PR]
Commented by sinkansokudo at 2007-08-04 20:47
あのポツダム宣言で有名なポツダムなんですね!!
こんなところなんだ~。
ベルリンの壁も見れるとは!
いい写真をありがとうございます。
Commented by akiyoshi-n at 2007-08-06 12:43
ベルリンの壁以外は、すべて新しくなってるような感じです。
by akiyoshi-n | 2007-08-03 07:15 | 旅-Germany-Berlin | Comments(2)

Coo Planningとつくる "住まいのかたち" と "旅の足跡"


by akiyoshi-n
プロフィールを見る