建て主さまと、その空間を共有できるということ。





・・・ranking・・・


 

間取りを考えていくときに、建て主さまからのご要望をお伺いしたり、
あるいは、建て主さま自身で描かれた間取りを拝見した上で、
そのことがらをもとに、いきなり、間取りを平面図に落とし込んでしまうと、
ほとんどが、単なるパズルの組み合わせのような、
平面プランとなってしまいます。
もちろん、パズルの組み合わせといっても、何十通りと試行錯誤をくりかえすことには、
何ら変わりはないので、精度の高い、平面プランは出来上がります。
やはり、模型があるとないでは、大きな違いがでてくるものです。
なので、模型を確認しながらの間取りづくりを、おすすめします。
模型からの場合、間取りを空間として捉えるようになるため、
より立体的な構成の検討ができるようになります。
そして、いちばんには、建て主さまと、その空間を共有できるということなのです。

d0111714_1611977.jpg

www.cooplanning.com 京町堀アトリエ




お客様との対話を通して、『楽しさ』や『気持ちよさ』などの『魅力』を共に発見していくこと・・・
それが『Coo Planningの家づくり』です!






d0111714_1829413.jpg

[PR]
by akiyoshi-n | 2009-04-24 16:10 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

Coo Planningとつくる "住まいのかたち" と "旅の足跡"


by akiyoshi-n
プロフィールを見る