外観と間取りを一緒に考える。

・・・ranking・・・

箱型の家が基本形。
外壁がシンプルな箱型だと、屋根のかたちも単純にできます。
最も単純なかたちは『陸屋根』といって水平の屋根版にする方法で、
これなら真四角の箱型になりますが、これは鉄筋コンクリート造に向いたかたちです。
ただし、木造であっても問題はなく、『浜寺の家』では、木造の陸屋根としています。
どんな構造形式にも合う単純な屋根のかたちといえば、一般に『片流れ』とか『切妻』と呼ぶ、
傾斜した屋根版をのせる方法です。
『切妻』といえば、三角屋根のことですが、子供が描く家といえば三角屋根であることが
多いことからも、家の象徴ともいうべき形です。
ヨーロッパでも、三角屋根の家は多くみられ、家としての最も素直な形なのかもしれません。
三角に傾斜した屋根を生かせば、空間もより魅力的なものになるものです。
家の姿をすっきりした単純なかたちにまとめようとすると、外観だけをあれこれ検討しても
なかなかうまくいきません。
それというのも、家のかたちというものは間取りと深く関係しているからで、
外観と間取りをいっしょに検討しないと、思うようなかたちに、まとめることはできないものです。

d0111714_1718396.jpg


・・・ranking・・・


お客様との対話を通して、『楽しさ』や『気持ちよさ』などの『魅力』を共に発見していくこと・・・
それが『Coo Planningの家づくり』です!


d0111714_1829413.jpg
 

ナカオアキヨシ/一級建築士事務所 Coo Planningー設計事務所との家づくり

☆建築設計の依頼・ご相談などの方は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-04-29 17:19 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

Coo Planning 施工事例と進行中の仕事の紹介をしています。


by akiyoshi-n