カテゴリ:旅-Italy-Roma( 16 )

水際の空間ー旅の足跡。





      ・・・ranking・・・



名前は、覚えていませんが、ローマにも、大きな河が流れています。
中心地の、ごみごみした路地を抜けると、この大きな河が見えてきます。
ごみごみした、というのは、悪い意味ではなく、
僕のなかで思う、あくまでローマらしいという意味です。
青い空が、印象的なローマにて。右手には、ヴァチカンのサンピエトロ大聖堂。

こちらからTrip 旅の足跡を、合わせてご覧くださいませ。

d0111714_9172110.jpg


いきなり、無料相談という方には、『まずは、資料請求から』

こちらの Contact お問い合わせフォーム より、『資料請求』として、送付先をご記入いただければ、
後日、『資料の方を郵送』、または『PDF資料をメール』させていただいています。
どうぞ、お気軽に、ご請求くださいませ。
設計事務所との『家づくり』が、より身近なものとなるよう、お手伝いしています。






www.cooplanning.com
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-13 09:38 | 旅-Italy-Roma | Comments(0)

広場

イタリア・ローマにて

d0111714_19451956.jpg



中尾 彰良 Akiyoshi Nakao/一級建築士事務所 Coo Planning 

d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。
[PR]
by akiyoshi-n | 2008-04-04 19:46 | 旅-Italy-Roma | Comments(0)

カンピトリオ広場

イタリア・ローマにて

d0111714_21525496.jpg



中尾 彰良 Akiyoshi Nakao/一級建築士事務所 Coo Planning 

d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。
[PR]
by akiyoshi-n | 2008-03-28 21:54 | 旅-Italy-Roma | Comments(0)

空間

      空間を動かす。

                によって、

                によって、

                によって、

                風景によって、

                によって。

d0111714_21495234.jpg




中尾 彰良 Akiyoshi Nakao/一級建築士事務所 Coo Planning 

※迷惑コメントが、たびたび入り申し訳ありません。

d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。
[PR]
by akiyoshi-n | 2008-01-24 13:03 | 旅-Italy-Roma | Comments(0)

路上

イタリア・ローマにて

d0111714_20304725.jpg


何気なく映す街の様子にも見る人によって、いろんなとらえ方があるものですね。


中尾 彰良 Akiyoshi Nakao/一級建築士事務所 Coo Planning 

『未来をのぞく住宅展』参加します。こちらをご覧ください!

d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。
[PR]
by akiyoshi-n | 2008-01-06 20:31 | 旅-Italy-Roma | Comments(0)
来た道をふり返り、歩んできた場所を見下ろす階段。
d0111714_22215342.jpg


※ プロフィール

※ 主な活動内容は、こちらをご覧下さいませ。

d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。
[PR]
by akiyoshi-n | 2007-12-06 22:22 | 旅-Italy-Roma | Comments(2)

今日の図書

 『記憶に残る場所』
      D.リンドン  C.W.ムーア 共著

離れる踊り場/合流する斜面/上り休息する階段
  より


古代から カピトリーノの丘の頂は、ローマ市民の公共的な生活に非常に重要な場所であった。
共同体の政治的な力が、教会の権力とは区別されてゆくに従い、その頂は、16世紀に再び特別な重要な意味を獲得した。
敷地の中にすでに存在する非整合的な角度を用いて元老院の建物に面するように台形の空間をつくったミケランジェロの聡明さは、いく度も指摘されてきた。
この手法は、それよりも前につくられていたピエンツァの台形の広場と関連している。
さらに筆者たちは、彼が空間に一貫性と共鳴性を与えるために用いた、様々なレヴェルを重層的に操作する手法について指摘したいのである。
d0111714_22192010.jpg

空間は、台形の中に置かれた楕円によって、結びつけられ、楕円の外側の縁は中心よりも低い所に置かれ、楕円の表面は、まるで巨大な卵の殻のように見える。丘の最も高い部分は、平坦ではないが歩くのにはなだらかである。

d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。
[PR]
by akiyoshi-n | 2007-08-24 22:21 | 旅-Italy-Roma | Comments(2)

今日の図書

 『記憶に残る場所』
      D.リンドン  C.W.ムーア 共著

離れる踊り場/合流する斜面/上り休息する階段
  より


他の誰よりも形態のニュアンスの用い方をよく理解していたミケランジェロは、大胆にしかも微妙なレヴェルの変化を用いてローマのカンピドーリォ広場に形を与えた。
d0111714_2211055.jpg


d0111714_21483730.gif
いつでも Architecte!!1日1クリックでブログランキングに1票入ります。応援して頂きありがとうございます。
[PR]
by akiyoshi-n | 2007-08-23 22:11 | 旅-Italy-Roma | Comments(0)

Roma 永遠 

『またローマで会いましょう』
d0111714_9541923.jpg
ガイドブックに、こんな名言が載っていました。
かの法皇グレゴリオ14世は、3週間に満たない旅行者への別れには『ごきげんよう、さらば!』、何ヶ月かの滞在者には『またローマで会いましょう』とあいさつしたそうです。この愛すべき街を知るにはひと筋縄ではいかないものの、一度魅せられたら再訪を願ってやまなくなる、というエピソードを言い得た名言だそうです。

[PR]
by akiyoshi-n | 2007-06-11 10:00 | 旅-Italy-Roma | Comments(2)

Roma バロック的空間 

スペイン階段

d0111714_10343945.jpgd0111714_1038241.jpg
トレヴィの泉

d0111714_10384820.jpg
d0111714_10392455.jpg


d0111714_10395491.jpg

[PR]
by akiyoshi-n | 2007-06-11 09:25 | 旅-Italy-Roma | Comments(4)

Coo Planning 施工事例と進行中の仕事の紹介をしています。


by akiyoshi-n