「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

45:初めての注文住宅ーあたたかな生活。

              



              ・・・ranking・・・ 




北堀江に『ART HOUSE』と呼ばれる場所があります。
ショップ&ギャラリーの場として、いろんな作家さんのグッズなどの販売と、
ギャラリーでの企画展が催されています。
写真は、ここに展示・販売されている絵本『たからもの!』の表紙です。
絵本作家として活躍されている『久松ひろこ』さまの作品です。
阪急百貨店などでも、個展をされているので、ご存知の方もおられるのかもしれません。

僕はそもそも、家のモチーフの描かれた絵本が好きです。
理由は、なぜだかわかりません。
チャンスがあれば、いつか、こんな家の設計をしたいと、常々思っています。
三角の屋根に、大きな窓、そして少しだけ傾いた壁。
絵本に描かれている家は、どれも小さく見えます。
人が大きいのかもしれません。
人が主役なのです。
それゆえに、あたたかな生活を連想させてくれます。
絵本に描かれているような、あたたかな家をつくりたいものです。
『ART HOUSE』でも、この絵本を手に取り眺めていました。
本の材質が、ふわふわとしていて、手触りがいいところも良いです。
ぜひ、手に取って感じていただきたいものです。
店を出るときに、とりあえず、久松ひろこさまの名前を忘れないようにと、
置いてあったポストカードに『久松ひろこ』と書いて、持ち帰りました。


d0111714_1334440.jpg


『Coo Planning と建てる、注文住宅』







d0111714_11402273.jpg









注文住宅 大阪(施工例)
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-30 13:34 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

44:初めての注文住宅ー包容力のある空間で、ながく暮らす。




・・・ranking・・・


 

休日に、妻の実家のある、堺市浅香山へいったので、
誰もいない現場をゆっくり見ようと思い、『浜寺の家』のある浜寺諏訪ノ森まで
クルマを走らせました。10分から15分程でしょうか。
到着すると、現場にはクルマがすでに一台とめられていました。
日曜日でも、やっているのだと思い、中に入ると電気屋さんがひとり仕事をしてくれていました。
ご苦労様です。
コンセントの位置や照明器具の取り付け位置を、なかなか決めきれなかったからでしょうか。
設計者としては、時間の許す限り、コンセント一つに至るまで、ぎりぎりまで考え続けたいものです。
写真は、エアコンのコンセント及び配管の位置決めのところです。
今回は、エアコンの設置場所について、特に小細工することもなく、
必要な場所に、一番適した位置に設置しています。
空間そのもので、十分に迫力のあるものとなることから、小細工の必要は無いと考えました。
デザインすることと、小細工することが同一に取られがちですが、
あきらかに違うものだと思っています。
建築の場合、デザインすることとは、空間そのものを創ることであると信じています。
いつまでも、耐えられる、抱え込める、空間そのものの包容力が大切であると考え、
プランを練り上げています。


www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
d0111714_1225198.jpg

『Coo Planning と建てる、注文住宅』







d0111714_11402273.jpg









注文住宅 大阪(施工例)
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-29 12:39 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

43:パリあたりでは、今も自分より、うんと背の高い木製の両開きの扉が健在です




・・・ranking・・・


 


この『浜寺の家』では、スチール製の引き戸を採用しました。

1、2階の外部へ通じる開き戸も、同じくスチール製としています。
マンションでは、防火区画の必要性でスチール製の玄関扉が標準ですが、
住宅では、スチールの既製品はなく、軽量のアルミ製が主流となっています。
そのため、結構デザイン製の高いものも多く、種類も豊富です。
逆に、デザインされていない、いたってシンプルなものがないので困るほどです。

この扉は、大きいので少し重く感じるかもしれませんが、
この家を守り、人を迎える玄関として、いつまでも活躍してほしいと思います。


d0111714_1013752.jpg

最近は、どこへ出掛けても自動扉が多くなりました。
扉は、やはり軽くて、開け閉めしやすい方がいいのでしょうか。
パリあたりでは、今も自分より、うんと背の高い木製の両開きの扉が健在です。
見た通りで、それは買い物袋を片手に、ちょっともう一方の手で開けるなど出来そうも無い重さです。

中山美穂さんの著書『なぜなら やさしいまちが あったから』のなかにも、
こんな言葉がありました。


東京のようにあらゆるドアが自動で開閉はしませんので、タクシーにしても店にしても
ほとんどのドアを手で押したり引いたりします。
ドア自体重たいものも多いです。
特に古い建物のメインドアは飛びきり重い。
私の場合は体の重心を少し落とし、腰に力を入れないと開きません。
お年寄りや子供が開けようとする際は、すぐそばを通りかかった人が手伝います。
ふだんよく見る光景です。
自分の後ろに続く人のために、ドアを開けたまま譲るという習慣もあります。
私も、すぐ後ろの人のためには快くドアを押さえていられるのですが、10メートル後ろに
いる人のためにドアを支えて待っている時は少し妙な気がしてしまうことは否めません。
10メートル先にいる人に待ってもらう時も。
ですが、メトロでは出口に向かう人が連なっていますので、バトンタッチのようにドアを支えながら次々にありがとうの言葉が発せられます。
パリで、いちばん多くありがとうの言葉が発せられるのは各駅のメトロのドアだと私は思います。
多くのありがとうが呼吸する1枚のドアに、いつまでも手動でいてね、と思うのです。
地下と地上を繋ぐ階段には、ありがとうの言霊が並んでいます。



『Coo Planning と建てる、注文住宅』







d0111714_11402273.jpg






注文住宅 大阪(施工例)
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-28 10:53 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

初めての小さな家づくりー時間の積み重なり。

・・・ranking・・・ 

どこかヨーロッパのホールのような、大きなドームをもつ、この建築空間。
大阪・中之島にある、大阪府立中之島図書館のようすです。
小さな入り口をくぐり、薄暗い廊下をゆけば、このホールへとたどり着きます。
飴色にかがやいた、頑丈な手すりに触れると、大きな時間の積み重なりを感じます。
ホールが、この様子だとすれば、閲覧室や自習室は、さぞ素敵な空間であるのだと、
パリにある旧国立図書館のようなものなのかと、大きな期待を抱いてしまいました。
自習室にたどり着くころには、すでに期待は、大きくはずれてしまうものでしたが、
それでも、建設当時の空間の様子を思わせる縦長の大きな窓が、
壁面に、いくつも開けられた、この場所は、
ものを考える場所として、十分にふさわしい空間であるように思えるものでした。
窓からみえる緑の向こうには、ビル、阪神高速道路を途切れること無く走るクルマなどが
見えているところが、大阪なのです。

d0111714_1428475.jpg


お客様との対話を通して、『楽しさ』や『気持ちよさ』などの『魅力』を共に発見していくこと・・・
それが『Coo Planningの家づくり』です!



☆建築設計の依頼・ご相談などの方は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。


ナカオアキヨシ/一級建築士事務所 Coo Planning
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-27 15:31 | 大阪 | Comments(2)

42:この階段は、ちょっとした腰掛けの場所にもなればと思い、設計を進めたところです。




・・・ranking・・・



 

現場に行く度に、まだかまだかと気になっていた、
2階上へと続く木製階段の施工が始まりました。


1階の鉄骨階段とは違い、こちらは木製の箱階段としています。

通常より、少し幅広のこの階段は、ちょっとした腰掛けの場所にも
なればと思い、設計を進めたところです。


段数が8段と小さな階段ですが、取り付け位置などや壁との関係、
手すりの位置など、現場監督、大工さんと何度となく打合せを重ねてきたものです。
階段を、壁から少し離したところに設けています。
施工的には、壁にピタリとつけた方が、確実に作業もしやすく、仕上りも確実なのですが、
ここでは、最後まで折れることなく設計通りに進めていただきました。

現場にて、ここでも針葉樹系構造用合板を加工して一枚づつ、丁寧に組み付けていきます。
下からの作業のため、仮の作業足場を組んでの施工となり、若干手間の掛かるところです。
階段の加工から組み上げまでを施工していただいているのは、大工棟梁のお父様です。

写真は、1階からの鉄骨階段に座った位置で撮ったものです。
現場から帰るころには、仕上げ材を除いて、ほぼ組み上げられていたので、

早速、腰掛けてみましたが、なかなかのもので、大満足です。
幅広の階段にして、良かったです。


d0111714_11323994.jpg

『Coo Planning と建てる、注文住宅』







d0111714_11402273.jpg






注文住宅 大阪(施工例)
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-26 12:34 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

41:初めての注文住宅ー『完成見学会+小さな作品展』。




                ・・・ranking・・・ 




大阪玉造にブックカフェ、『バイエル』という、小さな場所があります。
JR玉造駅を下車し、玉造商店街を10分程歩いていくと、たどり着きます。
あまり玉造の駅で下りることもないのですが、商店街を通り抜ける感じは、
奈良の餅飯殿商店街のようなものでしょうか、僕にとって見慣れた風景でもありました。
目印の建物を見つけ、商店街からすこし路地に入ると『バイエル』があります。
ガラス貼りの正面から、店内に入ると、ちょうどいい感じの吹抜けと、
2階のフロアの気配を感じることができます。
2階には、無料の書籍の閲覧スペースがあるそうです。
2階にも上がってみたかったのですが、この場所を主宰されている三倉さんご夫婦との
話しでいっぱいで、上がらずに失礼してしまいました。
1階の奥には仕事場でしょうか、ものつくりの場所のようです。
吹抜けのある店内には、ところ狭しと、ポストカードや本や、作品が置かれ、
壁には、現在開催中の展示会の絵が掛けられています。

僕は、こんな感じの場所、空間、空気感が大好きです。
付かず離れずの距離で、店内に長くとどまることができるほうが、
なにかと考え事も出来るので、好きです。

今回ここにお邪魔したのは、浜寺の家の『完成見学会+小さな作品展』のことです。
三倉さんご夫婦は、始めてお会いしたにも関わらず、こちらの唐突な相談に対して、
快く引き受けてくださいました。
浜寺の家『完成見学会+小さな作品展』まで、あと2ヶ月を切りました。
あとには戻れない状況となりました。
この活動が、なんらかの足跡を残すものとなるよう、進めていこうと思います。

d0111714_11381257.jpg

『Coo Planning と建てる、注文住宅』







d0111714_11402273.jpg









注文住宅 大阪(施工例)
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-25 11:39 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

40:壁自体が、鑑賞にたえるような面となれば、良いと思っています。




                     ・・・ranking・・・ 





写真の様子は、壁の仕上材である針葉樹系構造用合板を貼る位置を決めているところです。

大工さんは、手早く手慣れたようすで、水平のラインを出していきます。
こちらの壁には、ステンレスのフレームキッチンが設置されます。
通常は、ここまですることはないのですが、
板の大きさが、1820×910ミリで、数枚を張り合わせることとなるため、
より継ぎ目及び板の模様が、バランスよく配置されるように、配慮しています。

壁自体が、鑑賞にたえるような面となれば、良いと思っています。

この住宅でおこなう、『完成見学会+小さな作品展』は、少しづつ前に進んでいます。
今日、新たな、小さな展開がありました。
どんな『かたち』になるのか、僕自身にもまだわかりませんが、
素敵な場所になることを思い、進めていきたいと思います。

『完成見学会+小さな作品展』は、終了いたしました。
ご来場いただき、どうもありがとうございました。

d0111714_1414185.jpg








★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   


Coo Planningは、あなたの家づくりを応援します。
アトリエでの無料相談までの、『ファースト ステップ』として、
インターネットでの、ご質問、ご相談を受け付けています。
まずはココから、お気軽に、ご利用くださいませ。

土地購入前の事前相談も、行なっています。
安心して購入できるよう、有効に、ご利用くださいませ。


★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★ 

  



注文住宅(大阪府)の施行例
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-24 14:32 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

初めての注文住宅ー住宅作家。

・・・ranking・・・ 

鉄骨階段の設置が始まりました。
通常より、ゆるやかな階段の傾斜になるよう設計しました。
今回のような勾配と高さであれば、階段の手すりは無しとしてしまいたいところですが、
なかなかそういう訳にもいかないところです。
それは、この僕にあとほんの少しの勇気がないからなのでしょうか。
階段に腰掛けると、ちょうどいい感じで、神社の緑もみえてきます。
この傾斜角度にして、良かったと思えました。
神社の緑とその向こうにある教会のおかげで、この家には、他にはない独特の空気が流れています。
今はまだ、大工さんや職人さんたちが、毎日忙しくにぎわっているので、意識しないと
気付くこともありませんが、竣工後建て主さま家族の生活が始まれば、きっと感じるはずです。
どれも、それほど大きいものではありませんが、小さいと感じることもありません。
こんな敷地は、そうあるものではありません。
教会の屋根の上には、十字架が掛けられています。
初めてこの土地にきたとき、窓辺に腰掛けたときに、この十字架がみえればいいなと思いました。
今から一階の窓辺に造り付ける、ベンチに座るのが楽しみです。
ただひとつ残念なことは、この家は僕の家ではないということです。
一年以上かけ、誰よりも長く考え思い、コツコツと造り上げられていくこの家で、
鳥のさえずりを目覚ましに、一度も朝をむかえることができない、
住宅作家というのは、そんな悲しくも、楽しくもある仕事なのです。
この日は、AM10時からPM8時ころまで、打合せを兼ね、現場にはり付きました。
ゆっくりと一日過ごしながら、仕上げのこととか、各部の納まりを考え、
今以上に良くなるようにと努めています。

d0111714_13404655.jpg



お客様との対話を通して、『楽しさ』や『気持ちよさ』などの『魅力』を共に発見していくこと・・・
それが『Coo Planningの家づくり』です!



☆建築設計の依頼・ご相談などの方は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。


ナカオアキヨシ/一級建築士事務所 Coo Planning
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-23 15:03 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

力強さを表現すること。

・・・ranking・・・ 

シンプルで、力強い建築空間に惹かれます。

d0111714_22211016.jpg


お客様との対話を通して、『楽しさ』や『気持ちよさ』などの『魅力』を共に発見していくこと・・・
それが『Coo Planningの家づくり』です!



☆建築設計の依頼・ご相談などの方は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。


ナカオアキヨシ/一級建築士事務所 Coo Planning
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-22 22:44 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

ASJ狭山ー設計事務所とつくる、初めての注文住宅。





・・・ranking・・・


 

サヤカホールにて、ASJ狭山のイベントに参加しています。
現在、堺市浜寺で個人住宅の設計・監理をおこなっていることから、
このイベントに参加させていただいています。
初めて家を建てるとなると、何かとわからないことが多いのではないでしょうか。
今は、インターネットやさまざまな雑誌も出ているので、比較的自分たち家族の、
家に対する好みも、決めやすいのかもしれません。
Coo Planningでは、メールや電話で、建て主さまから直接ご連絡をいただき、
数回の無料相談を重ねた上で、スタートする物件もありますので、
インターネットや、このブログが非常に大きな存在をもっています。
日々更新する言葉のなかから、私自身の設計の作風なりを感じ取っていただくことができれば
うれしく思います。
家づくりというのは、買ってしまえば、それで終わりというものではなく、
建てたときが始まりでもあり、そこからの建て主さまとの良い関係を続けていくことが
大切なことだと思います。

さほど、クルマ好きでない方が、初めてクルマを買うときに、どこのメーカーがいいのか、
どんなタイプがいいのかなど、なかなか一つに決めにくいことだろうと思います。
プランの作成から自分たち家族で、一から作り上げていく注文住宅であれば、
なおさらどこから手をつけてよいのか、わからない方もおられると思います。
ASJのイベントでは、10名ほどの建築家が、それぞれパネルや模型を持ち寄り、
展示しているので、設計事務所がどんなことをしているのかが、
おおよそ感じていただけるのではないかと思います。
ASJでは、土地探しや、住宅ローン、自分たちに合う設計事務所探し、
間取りの打ち合わせ、現場監理など、
ゼロから始める家づくりの時に、必要なことがらが、すべて相談、確認、
シュミレーションできる仕組みになっています。
自分たちの手で、それぞれのことを考え、時間をかけながら、ゆっくりと進めていきたいと
考えられる方のなかには、この仕組みを敬遠される方もおられますが、
まだどこで、どうやって建てようかとお悩みの方であれば、注文住宅を建てるうえでの、
ひとつの選択肢として、このASJのことを
調べてみることも、まったく無駄なことではないと思います。

d0111714_745675.jpg

これから、家づくりをお考えの方へ。
こんな、家づくりもあります ー 参加いたしますので、興味ある方は、お気軽に、ご見学くださいませ。



お客様との対話を通して、『楽しさ』や『気持ちよさ』などの『魅力』を共に発見していくこと・・・
それが『Coo Planningの家づくり』です!



☆建築設計の依頼・ご相談などの方は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。


ナカオアキヨシ/一級建築士事務所 Coo Planning
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-06-21 07:46 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)