<   2009年 10月 ( 53 )   > この月の画像一覧





      ・・・ranking・・・




南仏マルセイユの駅は、スペインやイタリアへ向かう列車も発着する、大きな駅です。
初めてここに来たときは、この駅から確か、地下鉄とバスを乗り継ぎ、
近代建築の巨匠のひとりである、ル・コルビュジェのユニテダビタシオンという、
巨大な集合住宅へ向かいました。
ここでは、一部をホテルとして使用していることもあり、これまた飛び込みで数泊したのち、
バルセロナへと向かいました。
こちらのTrip 旅の足跡も、あわせてご覧くださいませ。
d0111714_1246755.jpg


クープランニングに、よくある質問をまとめました。





www.cooplanning.com
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-10 13:02 | その他 | Comments(0)

関係各社 H.P





株式会社 創建


満田衛資構造計画研究所


エクレアウエスト


TOTO


INAX


神島化学工業株式会社


トステム


LAMP by SUGATSUNE


SKKY.Inc


日本確認検査センター





『訪問された会社』

アルタークス株式会社  狭小住宅に適した、木造門型フレーム構造


BOSCO   木質フローリング&デッキ


ADVAN 内装材ほか


HANSA(ハンザ)× ADVAN ヨーロッパ水洗金具


ピアレックス・テクノロジーズ フッ素樹脂光触媒コーティング


株式会社ニチモクファンシ−マテリアル 天然素材だけを使った銘木テープ


日本ノボパン工業株式会社 構造用パネル


株式会社 インターデコム 建築用装飾建材『アルデコ』




一級建築士事務所 Coo Planning
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-10 09:42 | 関係各社H.Pリンク | Comments(0)


      ・・・ranking・・・




浜寺の家の浴室の床仕上げです。


浴室の洗い場には、スノコを敷き詰めています。
浴室自体は、ユニットバスではなく、造り付けとしています。


タイルだと、足の冷たさを感じることもあるので、木のスノコとしています。
ほんのりと木の香りがしています。
スノコを敷き詰めると、メンテナンスのしにくいことがあるため、

毎日の掃除のしやすさを考慮して、スノコを3分割して敷いています。
軽く持ち上げられるため、毎日最後に立てかけて、乾燥させておけます。


価格も1万円程度なので、おすすめできると思います。
浴室の仕上げ材については、次回とします。



浜寺の家ー現場監理のようすを、ハウスコのサイトを利用して紹介しています。
写真と言葉なので、初めての家づくりの参考にご覧くだされば幸いです。


d0111714_19512742.jpg



www.cooplanning.com 京町堀アトリエ



現在、兵庫県内にて着工の上、工事進行中の個人住宅をCoo Planningにて設計・監理させていただいています。
このブログ上で、ご紹介できれば、みなさまの家づくりの参考に、ご覧いただけるところですが、
今回は建て主さまのご都合により、ブログでの写真などのUPを遠慮させていただいております。
工事進捗などの報告は、していこうかと思っていますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-09 19:55 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)




      ・・・ranking・・・



京都の高瀬川沿いに、建築家・安藤忠雄氏の代表作品である『TIME'S』という商業施設があります。
三条小橋から高瀬川沿いに下りると、そのまま川に沿って歩いていくことが出来る、
水際空間が特徴的な建築です。
さまざまな地域で、水辺の空間の再生が行なわれています。
こちらのTrip 旅の足跡をご覧ください。


d0111714_14112432.jpg





www.cooplanning.com
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-09 14:03 | 旅-Shanghai上海 | Comments(0)



      ・・・ranking・・・





浜寺の家の床の仕上げ材です。

オープンハウスでも、すでに数年使い込んだかのような色がでていると、
来場者の方にも、気に入っていただいていました。

材種は、安価なラーチ合板ですが、その分、手間ひまかけて仕上げられています。
ひとつ一つ違う表情をみせるのは、生の素材ならではのものです。
奈良や京都の木造建築を見慣れた僕は、巾の広い床材で敷き詰められた空間に馴染みがあります。
古くなって、多少凸凹していますが、それもまたいいなぁと思います。

革のバッグや靴が使い込むほどに馴染み、独特の表情を見せて愛着がわくように、
住宅でも普段、手に触れる素材に、そんな表情を出せれば素敵です。


生の素材は、木だけに限らず、鉄やコンクリート、ガラスにおいても、良い表情がでてきます。
ヨーロッパの蚤の市などで並ぶ小物には、さまざまな素材がありますね。

予算と相談しながら、さまざな素材を検討してみるのも、家づくりの楽しみのひとつです。



www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
d0111714_17404669.jpg

浜寺の家ー現場監理のようすを、ハウスコのサイトを利用して紹介しています。
写真と言葉なので、初めての家づくりの参考にご覧くだされば幸いです。
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-08 18:18 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)




      ・・・ranking・・・




次々と建てられる建築や街の活気などを目の当たりにすると、
アジア最大の都市は、もはや東京ではなく上海であると痛感します。
見事にライトアップされた、テレビ塔で知られる水辺の中心地は、
自分がどこか違う世界に紛れ込んだかのような不思議な感覚を覚えるほどです。
そんななか、いつものように昔ながらの上海らしい街並を求めて、
地図を片手に歩き出しました。
すこし歩くと、赤や灰色のレンガで建てられた建物の多さに気付きます。
たどり着いた路地裏には、いつか映画で観たような風景が広がっていました。
路地に掛けられているのは、物干用の竹竿でしょうか。
成長を続ける街に、取り残されたかのような生活が、今の上海を支えているのかもしれません。

d0111714_1249335.jpg



www.cooplanning.com



現在、兵庫県内にて着工の上、工事進行中の個人住宅をCoo Planningにて設計・監理させていただいています。
このブログ上で、ご紹介できれば、みなさまの家づくりの参考に、ご覧いただけるところですが、
今回は建て主さまのご都合により、ブログでの写真などのUPを遠慮させていただいております。
工事進捗などの報告は、していこうかと思っていますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-08 12:53 | 旅-Shanghai上海 | Comments(0)




      ・・・ranking・・・




ラウル・デュフィは、フランス北西部の港町ル・アーヴルに、
音楽好きな大家族の次男として生まれました。
色鮮やかな絵は、観るものの心を一瞬にしてとらえてはなしません。
輝くような色面と、揺れるような輪郭線が軽妙に混在した作風は、
写真のようなヨットレースなどの動くモチーフに適し、躍動感のある作品が特に素敵です。
というのは、デュフィの展覧会などでの紹介文です。
ずいぶん前、初めて観たデュフィの絵は、たしかピンク色を中心に描かれたものでした。
鮮やかで、華やかな、楽しい、その絵は、一目で好きになりました。
そのときから僕は、デュフィという画家は、つい最近まで女性であると思い、信じていました。
ご存知の通り、デュフィは男性でした。かなり、ダンディな男性です。
デュフィは、絵を描くことを楽しんでいます。そして、生きるということを楽しんでいます。

美術館『えき』KYOTO ラウル・デュフィ展にて

d0111714_1032646.jpg



www.cooplanning.com



現在、兵庫県内にて着工の上、工事進行中の個人住宅をCoo Planningにて設計・監理させていただいています。
このブログ上で、ご紹介できれば、みなさまの家づくりの参考に、ご覧いただけるところですが、
今回は建て主さまのご都合により、ブログでの写真などのUPを遠慮させていただいております。
工事進捗などの報告は、していこうかと思っていますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-07 10:06 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)




      ・・・ranking・・・




不動産屋任せではなく、できるだけ多くの金融機関を見ることをおすすめします。
一般に不動産会社では、提携している銀行の住宅ローンを紹介されますが、
たった0.1%の金利の差が、100万円単位の返済額の違いを生むことになります。
そのため、できるだけ多くの金融機関に目を向けることが大切となります。




www.cooplanning.com



d0111714_1811426.jpg
家が欲しいけど土地が無い。
どうやって探せばいいのかわからない。
土地探しからの、『家づくりのトータルサポート』を実施しています。
建築的・金銭的・生活的にバランスのとれた土地をご紹介します。
どうぞお気軽に、ご相談くださいませ。
nakao@coo-planning.com





住宅無料相談会については、コチラをどうぞ。
無料相談会と聞くと、何だか堅苦しいムードを想像しがちですが、そうではありません。
あなたのご家族のライフスタイルをお話していただいたり、家づくりの大切な事をお話したり、
多種多彩にわたってご相談に応じています。
Coo Planning の『家づくりのトータルサポート』は、すべてここからが始まりです。
(予約制としています。ご希望の日時をご指定くださいませ。)
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-06 18:06 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)


art scape[アートスケープ] 浜寺の家




      ・・・ranking・・・




一般的には、住宅ローンは、年収や年齢から『返済比率』に基づいて、
借り入れの限度額が決められますが、これはあくまでも『借りられる額』であって、
『無理なく返せる額』ではありません。

現在は、1〜2%台という低金利で、借り手に有利な時代ですが、
現在が底とみることもでき、この状態が永久に続く訳ではありません。
バブルの頃などは、金利が5%台ということもあったようです。

こうした金利上昇のリスクも想定しているのと、していないのでは、
今後の生活スタイルにも、大きく関わってきます。


家は、欲しいと思うようになったときに、建てれば良いと思っています。
人によって、家族によって、年齢や家族構成もバラバラなものです。
自分たちが、何を大切に思い、何を優先させたいのか、
そんなことを、考えることが、間取りを考えること以上に大切だと思います。

間取りは、ある程度自由に、変更できるものが良いと考えます。
どうやって変更していくのかは、今、間取りを考えているときには、
はっきりと見えていなくても、良いぐらいが理想です。
数年先のことなど、はっきり答えがでているのも、つまらないものです。

住み重ねることによって、さまざまな変更に、それなりに答えてくれる空間構成。
そんなふうに考えています。


建築費用については、ご家族それぞれの生活や趣味、目標などを犠牲にしてしまっては、
何のための家なのか、意味がないのではと思います。
用意できる予算のなかで、最高の空間を考えることが、Coo Planning の役割であり、
おもしろさであると考えています。

予算の多い、少ないで空間の魅力が変わるのなら、設計者の力量が不足しているだけでしょう。
僕は、常にそう思って、設計をしています。
建築設計の魅力は、そこにあるからです。


d0111714_22303368.jpg






www.cooplanning.com



d0111714_1811426.jpg
家が欲しいけど土地が無い。
どうやって探せばいいのかわからない。
土地探しからの、『家づくりのトータルサポート』を実施しています。
建築的・金銭的・生活的にバランスのとれた土地をご紹介します。
どうぞお気軽に、ご相談くださいませ。
nakao@coo-planning.com





住宅無料相談会については、コチラをどうぞ。
無料相談会と聞くと、何だか堅苦しいムードを想像しがちですが、そうではありません。
あなたのご家族のライフスタイルをお話していただいたり、家づくりの大切な事をお話したり、
多種多彩にわたってご相談に応じています。
Coo Planning の『家づくりのトータルサポート』は、すべてここからが始まりです。
(予約制としています。ご希望の日時をご指定くださいませ。)
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-05 17:21 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)




      ・・・ranking・・・





大阪市内の狭小住宅プロトハウスの計画をおこなっています。
間口2.5間のタイプからいろいろ検討を重ねましたが、
間口2間(3,640㎜)のタイプを基本として、まとめていくのが良いと判断しました。
間口2間で計画をかためておけば、仮に敷地の都合上、間口が大きくなっても、
小さくなっても、階段などの間取りを検討する上で重要な要素を固定した状態で、
空間サイズの変更だけで対応できると考えています。
狭小地の場合は、奥行が条件によって長くなるケースが考えられるため、
今回の計画では、奥行に関しても、かなり自由に対応できていると思っています。
写真は、そのスケッチです。
構造は、木造在来軸組工法でできるものとしています。
土地+予算で、3,000万円程度で建てられることと設定しているため、
よりシンプルな構造とする必要があります。
大阪での狭小住宅といえば、安藤忠雄氏の『住吉の長屋』があまりにも有名です。
長屋の中央に、屋外となる中庭を設けた、その空間は、長屋という特殊な条件を考えた上で、
今さらながら、実に良く考え抜かれた空間構成であると感じました。
そんななかで、同じような中庭タイプの空間構成をとることはせず、
違う構成で、大阪市内の狭小住宅プロトハウスとなるようにできればと、
検討を重ねています。
この企画は、プロトハウスというものだけの為で終わるのではなく、
一般の注文住宅やローコスト住宅の計画においても、十分に反映できるものだと思い、
取り組んでいます。


大阪市内の狭小住宅についてのご相談は、コチラでお伺いしています。
家づくりを進めるにあたり、お悩みなどがあれば、どうぞお気軽に、ご相談くださいませ。



d0111714_18361553.jpg





www.cooplanning.com



d0111714_1811426.jpg
家が欲しいけど土地が無い。
どうやって探せばいいのかわからない。
土地探しからの、『家づくりのトータルサポート』を実施しています。
建築的・金銭的・生活的にバランスのとれた土地をご紹介します。
どうぞお気軽に、ご相談くださいませ。
[PR]
by akiyoshi-n | 2009-10-04 19:05 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

Coo Planning 施工事例と進行中の仕事の紹介をしています。


by akiyoshi-n