「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

原点を見すえた新たな一歩







               ・・・ranking・・・ 





瀬戸内の未来に向けてー原点を見すえた新たな一歩ー   安藤忠雄

『大きな木を植えませんか』株式会社ユニクロ・柳井氏から頂いたご提案は、
瀬戸内オリーブ基金の新たなる方向性を示唆するものであり、また同時に、
活動の原点に立ち返るものでもありました。
発足からはや10年。
活動を続ける中で、多くの事に気付かされました。
本当に大切なのは、木を植える行為そのものではなく、活動をとおして、
豊かな緑や自然、そして地域コミュニティの尊さを、人々に改めて思い出してもらうこと。
一本の苗木から、人々の集まる大きな木へと、地域の方々と一緒に育てていく。
あるいは既に人々の心の拠り所となっている大木を守り、次の世代に伝えていく。
この『大きな木』プロジェクトが、瀬戸内の地域活性にむけての新たな推進力と
なれば良いなと考えています。







www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-30 16:38 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

フラット35、民間住宅ローンのおトクな引き下げ金利







               ・・・ranking・・・ 






民間住宅ローンの場合
全期間金利の引き下げ幅が同じタイプと、一定期間のみ大幅に引き下げるタイプがあります。

『当初大幅引き下げ』
固定期間選択型などで当初の固定期間だけ金利を大幅に引き下げ、
その後は引き下げ幅が小さくなるタイプです。
当初固定期間終了後は店頭金利が変わらなくても返済額がアップします。

『全期間一定引き下げ』
当初から完済まで引き下げ幅が変わらないタイプです。
固定期間が終わっても、店頭金利が変わらなければ適用金利も変わりません。
店頭金利が上がれば適用金利も上がり、返済額がアップします。








www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-30 11:42 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

フラット35、民間住宅ローンのおトクな引き下げ金利







               ・・・ranking・・・ 






フラット35の場合

フラット35では、建築する住宅が、
『耐震性』『省エネ性』『バリアフリー性』『耐久性・可変性』の、いずれかの基準を満たすと、
当初10年間の金利が引き下げられる『フラット35S』が利用できます。
引き下げ幅は本来0.3%ですが、景気対策で今年12月30日までの期間に限って、
1%に大幅拡大されていることもあり、おトク感が高まっています。







www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-29 17:59 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

主な住宅ローンは2種類あります。







               ・・・ranking・・・ 






主な住宅ローンは2種類あります。

ローンにかかる諸費用は、フラット35と民間で異なります。
フラット35は、住宅金融支援機構と民間金融機関の提携によるローンです。
金利は、金融機関によって異なりますが、すべて全期間固定型です。
もう一つは、民間金融機関独自のローンです。
金融機関によって金利が異なり、扱う金利タイプもさまざまです。
最近は、店頭金利からの引き下げ競争が活発で選択肢が多くなっています。






www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-28 17:22 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)








               ・・・ranking・・・ 






ほしいものはかたちではない。

ほしいものは静かな光で満たされた、ゆったりとした時間。
ほしいものは自然と人の営みとの調和のとれた関係。
ほしいものは、『ここに居ることができる』と感じられる状態。

どれもかたちではない。




www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-28 09:00 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

ひかる答えを導きだしたいと考えます。







               ・・・ranking・・・ 






まだまだ一般的には、家づくりを設計事務所に依頼すること自体は遠いもののようです。
多くの人々が話す前から無理だと決めつけているようです。
Coo Planning の仕事は普通では出来ない事を、どうすれば出来るようになるかを、
検討するべき立場でもあるのですが。
少ない予算のなかでも、小さな敷地であっても、ひかる答えを導きだしたいと考えます。
ご依頼くださった方に、満足いただけるクオリティの高い住宅を提供できるよう、
何より、Coo Planning の力が、みなさまに最大限に貢献できるよう、日々取り組んでいます。






www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-27 12:22 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

予算にも家にもこだわる一戸建て派に








      ・・・ranking・・・






土地購入 + 注文住宅

手に入れた土地に、希望する設計・施工会社へ依頼して、希望に沿う住まいをつくる方法。
『お金が掛かりそう』と思われがちですが、予算に合わせて間取りや仕上げ材を調節できるので、
実は、コストコントロールしやすくなります。

土地や設計・施工の依頼先探し、ローンの手続きなど、時間と手間が掛かることもありますが、
それらを含めて、たった一度の家づくりを楽しみたいご家族なら、きっと素敵な時間を楽しめます。








www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-26 09:49 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

なぜ、設計事務所なのか。








      ・・・ranking・・・






なぜ、設計事務所なのか。
たくさんのハウスメーカーや、工務店があるなかで、
なぜ、設計事務所と家を建てる必要があるのか。

Coo Planning にお越しいただくご家族は、ほとんどの方が、
ハウスメーカーの住宅では、少し物足りなく感じておられます。
間取りであったり、デザインであったりですが、
話しを深く聞くにつれ、予算の問題が大きな壁となっているのかな、と感じることがあります。
設計事務所にたどり着くまでに、いくつかのハウスメーカーに見積もり依頼をされ、
予算内で建てることに、厳しさを感じられている方もおられます。

Coo Planning では、実施設計で完成された図面をもとに、
数社の工務店に見積もり依頼をしています。
こうすることで、これから建てようとする住宅の、価格を純粋に比較検討することができます。
違う平面図をもとに、数社のハウスメーカーや工務店を訪ねても、純粋に価格の比較を行なうことはできません。

設計事務所だからこそ、この方法で、見積もりを行ない、純粋な価格の比較を、
ご確認いただくことができるのです。
限られた予算のなかで、少しでも良い建築を、少しでも希望を盛り込みたいと、
試行錯誤を繰り返す、それが設計事務所であり、Coo Planning の姿、です。









www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-25 20:03 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

地盤調査について。







・・・ranking・・・





地盤の安定性は、建築物を支える出発点であるから、地盤がしっかりしていなければ、
適切な処理をほどこすことが必要となります。
地盤調査の目的の基本は、住宅を支えることができるかどうかを、まず判断することにあります。

住宅を支えることの具体的内容としては、地盤が住宅の荷重によって破壊しないか、
あるいは住宅にとって有害な沈下が生じないか、などが検討事項となります。
地盤調査では、これらの検討を行える情報が必要となってきます。






www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-24 19:24 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)

最終請負金額に向けて、適正な価格にたどり着く






             ・・・ranking・・・






『適正な価格を知りたい』と思うのは、どんな経済行為に関しても当然の欲求です。

さまざまな業種の、職人さんから成り立つ家づくりでは、同じ設計図面で見積りをとっても、
工務店によってその金額は、想像以上に大きく差が開く場合があります。
『差が開く場合がある』というのは、その住宅の『構造』や『間取り』によって、
特殊なものであれば、『やりやすい』、『やりにくい』という作業性の問題もあるのではと思います。

やはり、図面や模型上から判断して、施工が難しそうであれば、実際の施工に関して、
不確定な要素が多いため、見積り金額には、若干の余裕を見込むということもあるようです。

これは、工務店側が多く見積もっているからダメというより、最終請負金額に向けて、
設計事務所と工法、仕様などの打合せをくりかえせば、適正な価格にたどり着くものです。







www.cooplanning.com 京町堀アトリエ
[PR]
by akiyoshi-n | 2010-05-23 11:03 | いつか一緒に家を建てよう | Comments(0)